入賞した県の広報企画「あさご藩」のポスター

入賞した県の広報紙の表紙

シンプルなレイアウトや写真の美しさが評価された武雄市のウェブサイト

 自治体の優れた広報を表彰する「全国広報コンクール」で、県が広報紙と広報企画の2部門、武雄市はウェブサイト部門でそれぞれ入選した。

 県の広報紙「県民だより『さががすき。』」の2017年4月号は、都道府県・政令市部門の応募49点から入選。表紙写真は元気な子どもたちを捉え、特集では明治維新150年の節目に藩校「弘道館」を取り上げ、予算情報の編集も特集とコンセプトを合わせた。

 広報企画は、県産の農林水産物を県出身タレントを起用した動画などで情報発信する「あさご藩―最高の朝ごはん推進プロジェクト」が、応募92点から選ばれた。「朝ごはん=あさご藩」としたアイデアに加え、朝食でPRすることで、さまざまな角度から展開できる内容が評価された。

 武雄市のウェブサイトは、トップページに市の行政情報や観光などの三つの入り口や、文字が流れる「緊急・災害情報」を配置し、分かりやすいシンプルなレイアウトやスライドの写真の美しさが評価された。「市民の役に立つサイトを地道に作っている印象で好感度が高い」という講評に、大野貴宏広報課長は「サイト制作の目標通りの評価を受けてうれしい」と喜んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加