3横綱が奉納土俵入り、九州場所

 大相撲九州場所(13日初日・福岡国際センター)を前に日馬富士、鶴竜、白鵬の3横綱が2日、福岡市博多区の住吉神社で恒例の奉納土俵入りを行い、約4700人の見物客から拍手を浴びた。

 日馬富士と白鵬は不知火型、鶴竜は雲竜型を披露。昨年の九州場所を制した日馬富士は「いよいよ九州だなという感じがする。稽古に精進し、いい相撲を取りたい」と開催60度目となる節目の場所へ気合を入れた。

 先場所全休の白鵬は弟弟子で新入幕の石浦を初めて露払いに従え、満足そうな笑顔。昨年秋場所から優勝がない鶴竜は「ファンの皆さんに喜んでもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加