関西の企業に勤務する佐賀県出身者や、県ゆかりの企業関係者が集まる異業種交流会(県関西・中京事務所主催)がこのほど大阪市内で開かれた。27社から約40人が参加し、互いの業務内容を紹介しながら交流を深めた。

 冒頭、県農林水産商工本部の横尾金紹副部長が県政報告し、「まだまだ多くの可能性を持つ佐賀県を皆さんからも情報発信してもらい、県の活性化に力を貸してほしい」とあいさつ。懇親会では県産酒や呼子のイカ、佐賀牛も振る舞われ、食事を楽しみながら活発に情報交換した。

 参加した多久製作所(本社・大阪市)の永尾善彦名誉相談役経営顧問は「この会をビジネスチャンスの拡大と、県浮揚のきっかけにしよう」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加