佐賀市に進出したIT企業の担当者らが出演しているプロモーションビデオ

 佐賀市は、IT企業誘致に向けた特設サイト「IT is SAGA」を4月末に開設した。SF映画風のプロモーション動画を作成したほか、ご当地アイドル「ピンキースカイ」の2人による企業インタビューを通じて、佐賀市で事業展開する魅力をアピールしている。 高速大容量の通信インフラの普及や人材不足を背景に、IT企業がコストを抑えることができ、人件費も割安な地方に目を向ける傾向がある。佐賀市もIT企業の誘致に力を入れており、ここ5年で10社の誘致に成功した。

 企業インタビュー「SAGAの何がIT(いーと)?」コーナーは、ピンキースカイがインタビュアーを務め、市内のIT企業6社に佐賀で働く魅力を聞いた。各社の担当者は「住みやすさが活力になる」「食べ物がおいしい」と環境の良さや、「責任感があり、我慢強い人材を確保できた」など、それぞれに感じた魅力を率直に語っている。

 また、企業向けの支援策も掲載。市内在住者を1人雇用する度に最高?万円を助成する制度や、オフィスの半額家賃補助など支援策の充実ぶりもまとめた。

 同市シティプロモーション室は「IT企業に佐賀を知ってもらうのが第一の目的だが、同時に地元の若い世代に佐賀でも魅力的な働き方ができることを知ってもらいたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加