鳥栖-神戸 後半22分、鳥栖DF安在(奥)が先制ゴールを決める=兵庫県神戸市のノエビアスタジアム神戸

 悔やまれるラストワンプレーだった。鳥栖はDF安在がJ1初ゴールを決め、相手退場による数的優位もあってうまく試合を進めていたが、終了間際に追い付かれて勝ち点3を逃した。フィッカデンティ監督は「何度もつくったチャンスを決めなければならなかった」と悔しがった。

 先制点は見事な連係から生まれた。後半22分、ゴール前でFW池田が頭で落としたボールをFW石井がキープしてエリア外のMF石川へ。石川がゴールを狙うと見せかけて横に流し、間髪入れず安在が得意の左足を振り抜くと、ボールはゴール右のポストに当たってネットに吸い込まれた。「パスをもらう前からイメージができていた」。安在は会心のゴールをこう振り返った。

 今季、J2東京Vから加入したサイドバック。利き足は左だが、昨季は右サイドを担うなどプレーの幅を大きく広げ、指揮官も「両サイドで武器になる。鳥栖の戦い方にも徐々に慣れてきている」と認める。

 ルヴァン杯出場5試合目にして自身の持ち味を存分に見せつけた。それでも、「個人的に結果を出せたことはうれしいが、勝ちきらないといけない試合だった」と安在。「練習を含め、やるべきことを続けていく」とリーグ戦での活躍を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加