唐津署は16日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、唐津市浜玉町横田下、農業の容疑者(50)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は16日午前8時5分ごろ、唐津市浜玉町横田下の市道で、酒気を帯びた状態で軽トラックを運転した疑い。容疑者は「夜に飲んだ酒が抜けていると思っていた」と容疑を否認しているという。

 同署によると、警ら中の覆面パトカーが、シートベルト未着用とみられる容疑者のトラックを見つけ停止を求めた。容疑者の顔が赤く酒の臭いがしたため、調べると、呼気1リットル中0・15ミリグラムのアルコールを検出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加