韓国代表のトレーニングキャンプのメンバーに選出された鄭昇炫(左)

 サッカー・J1サガン鳥栖は14日、DF鄭昇炫(チョン・スンヒョン)がワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた韓国代表のトレーニングキャンプのメンバーに選ばれたと発表した。期間は21日~6月1日。

 キャンプには選手28人が参加し、6月初旬にW杯の最終メンバー23人が発表される見通し。期間中、ホンジュラス(28日)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(6月1日)との国際親善試合に臨む。

 今回、DFには12人が選出され、そのうち6人がセンターバックという。14日の練習後、取材に応じた鄭昇炫は「鳥栖で継続的にプレーできているからチャンスが来た。最終メンバーに選ばれるよう一生懸命に取り組む」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加