長崎戦に向けた練習で、プレスを掛けるMF加藤(右から2番目)=鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖は、YBCルヴァン・カップ1次リーグ第5節の9日午後8時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦する。。既に1次リーグ敗退が決まっているが、早くも今季3度目となる“九州ダービー”を制し、6日のリーグ戦で勝利を挙げた勢いを加えたい。

 D組の鳥栖は通算成績1分け3敗(勝ち点1)で、4チーム中最下位。前節(4月18日)の湘南戦は、0-0で引き分けた。加入後初出場のGK高丘らが奮闘し、今季公式戦で初めて無失点に抑えた。

 長崎は2勝1分け1敗(勝ち点7)で2位。前節は神戸に1-2で敗れたが、1次リーグ突破の可能性を残している。

 鳥栖は4月の第3節で長崎と敵地で戦い、2-3で惜敗。3月のリーグ戦第2節では2-2と引き分けた。

 連戦が続いている状況を考慮すると、ここまで出場機会の少なかった選手にチャンスが訪れる可能性が高い。DF藤田は「この試合で結果を出すことで、チームに相乗効果が生まれる」と話し、MF加藤は「責任感を持ってプレーし、やってきたことをしっかり出したい」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加