武雄青陵中(武雄市)が県立中の募集要項の来年度分と本年度分を誤って3部配布したことが30日、分かった。要項は県立中4校共通で、来年度入試で使えない受験票なども入っている。県教委は県内全小学校を通じて保護者に確認を呼び掛けている。

 青陵中によると、11月22、24、28日に取りに来た3人に本年度の要項を渡した。来年度分とは受験票と写真票の年度表記や結果通知の封書の料金が違っている。封筒の表に表記されている出願時期も「12月1日~12月3日」と記載され、来年度の「12月6日~12月8日」と異なる。気づいた人は青陵中に連絡する。募集要項を補充する際、誤って前年度分の段ボール箱を開封した。29日に要項を渡していて、封筒に表記された出願時期が違うことで気づいた。

 青陵中では本年度入試で、不合格の受検者に誤って合格と記載した文書を送付するミスもあった。原岡秀直教頭は「児童や保護者にご迷惑をかけ申し訳ない。チェックを重ねて確実に業務を進めていきたい」と陳謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加