JR博多駅前で道路陥没

 8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区博多駅前2丁目の道路が陥没した。陥没は徐々に広がり、午前10時現在、長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルと確認された。穴に流れ込んだ水が充満、周辺ビルの敷地でも一部陥没した形跡があった。市は周辺一帯に避難勧告を出した。停電が発生し、市内の70代女性が転倒、負傷した。交通・金融機関に影響が出た。周辺へのガス供給も停止された。

 市は、午前5時ごろに市営地下鉄七隈線の延伸工事中、トンネル内に地下水や下水が流入して道路が陥没したと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加