長年の功績をたたえ、感謝状を受けた古賀常次郎さん=佐賀新聞社

■社会福祉などへ寄付半世紀以上

 佐賀市の古賀商事社長古賀常次郎さん(77)が11月30日、佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)に20万円を一般預託した。佐賀善意銀行は、数十年来、預託を続けている古賀さんに同日、感謝状を贈った。

 古賀さんは働きながら旧佐賀高定時制で学び、20代で会社を設立、実業界で成功した。以来半世紀以上にわたり更生保護活動や社会福祉など幅広い分野に寄付を続け、寄付総額は6億6千万円に上る。

 善意銀行の蕪竹真吾運営委員長から感謝状を受け取った古賀さんは「約束を守って自分にできることをやってきただけ。(寄付は)支えていただいた皆さまへの感謝の気持ちです」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加