辞任を表明し、記者の質問に答える財務省の福田淳一事務次官=18日

 財務省は27日、女性記者へのセクハラを報じられ事務次官を辞任した福田淳一氏について、セクハラ行為があったと認定し、6カ月の減給20%の懲戒処分に相当すると発表した。福田氏はセクハラを依然否定しているが、女性社員の被害を訴えたテレビ朝日側の主張を覆すだけの反証が示されていないと判断した。減給分の141万円を差し引いた上で、退職金5178万円を支払う。

 矢野康治官房長が記者会見し「誠に遺憾で関係者に深くおわびする」と陳謝。「これ以上の事実解明は難しい」として調査終了を表明した。テレ朝以外からも匿名で1件の電話相談があったことも明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加