板門店宣言に署名し、握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=27日、板門店の韓国側施設「平和の家」(板門店共同映像取材団・共同)

 韓国側施設「平和の家」で文在寅大統領(右)と歓談する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=27日、板門店(韓国共同写真記者団・共同)

 韓国側の板門店で行われた南北首脳会談の一連の日程を終え、文在寅大統領夫妻(右)と別れのあいさつをする北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長夫妻=27日(韓国共同写真記者団・共同)

 【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領は27日、軍事境界線のある板門店で会談し「南北は完全な非核化を通して、核のない朝鮮半島を実現するという共通目標を確認した」とする「板門店宣言」に署名した。年内に朝鮮戦争の終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に転換するため米国や中国を交えた会談を推進することで合意。文大統領の今秋の平壌訪問や、共同連絡事務所の北朝鮮・開城への設置、敵対行為の中止でも一致し、一切の武力不行使も確認した。金委員長は全ての合意を「徹底履行する」と約束した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加