有田工業高の下野常男校長(右)に目録を手渡す県自動車教育推進協議会の前田博憲会長=佐賀市のグランデはがくれ

 自動車メーカーなどでつくる日本自動車教育振興財団と佐賀県自動車教育推進協議会は、有田工業高など4校に実習用のエンジンなど自動車関連教材を贈った。

 自動車産業を支えるエンジニア育成のため、同財団は全国の工業高校などに関連教材を寄贈しており、今回は有田工業高と塩田工業高に分解組立用エンジン、北陵高にエンジン実習装置、敬徳高に視聴覚教材と動力伝達装置をそれぞれ贈った。

 佐賀市であった贈呈式では、同協議会の前田博憲会長が「新時代を担う若者に対して効果的な自動車教育を期待したい」とあいさつし、各校の校長らに目録を手渡した。有田工業高の下野常男校長が「最新の教材を生かし、充実した指導を行いたい」と謝辞を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加