佐賀県は25日、武雄市山内町で16~23日に未就学児2人と小学生5人の百日ぜきの患者が発生したと発表した。2カ月の乳児も含まれ、全員が治療中で、重症化した患者はいない。百日ぜきは大人も感染源になり、乳幼児が感染した場合は重症化する恐れもあるため注意を呼び掛けている。

 県健康増進課によると、武雄市の医療機関から、7人の百日ぜきの届け出が杵藤保健福祉事務所にあった。短期間に特定の地域で患者が集中したため、町内の未就学児や小中学生の保護者に注意喚起し、患者の通学校などに対して感染防止対策を指導した。

 百日ぜきは、百日ぜき菌による感染症で、風邪のような症状から始まり、けいれん性の激しいせきが数週間続く。大人の場合は一般的に軽症で、感染に気付かないことも多い。同課は「乳幼児は早めに予防接種を受けてほしい。成人も、せきが長引く場合は早めに医療機関を受診して」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加