左から原口一博氏、大串博志氏

 希望と民進両党の合流協議が大詰めを迎えている。安倍政権の打倒を目指しているが、不参加が相次ぎ、衆院野党第1党の座を獲得するのは難しいとみられている。民進副代表を務める衆院会派「無所属の会」の原口一博氏=佐賀1区=と、希望の大串博志氏=衆院佐賀2区=の2人は参加するかどうか、まだ態度を明らかにしていない。

 原口氏は、新党協議会の綱領と基本政策を巡る検討委員会の共同座長を務め、新党の設計図を描く当事者の一人になっている。それだけに「自分の立場として言えるのは、できるだけ多くの議員に参加してほしいということだけ」と述べるにとどめ、自らの態度表明には慎重だ。新党の意義に関しては「政権選択を担える形にしたい。穏健保守からリベラルまでを包摂する中道改革政党」と話す。

 大串氏は、希望の玉木雄一郎代表が掲げる安全保障法制や憲法改正の基本政策に批判的な姿勢を示してきた。「昨秋の衆院選でも民進時代の考え方はぶれていないと訴えてきた経緯がある。現在、示されている新党の基本政策は希望の党の影響が強い」と指摘する。

 党内の大串グループの議員や他党のキーマンとも意見交換を重ねている。「希望は解党するので、議員一人一人が能動的にどう進むか決めなければならない。政策や綱領、規約、誰が集うのかなど総合的に判断して参加するかどうかを決めたい」と強調した。

 先行きが見通せない合流協議の中で原口、大串両氏は連絡を取り合って意思疎通を図っている。民進佐賀県連は新党の地方組織になるとみられるが、大串氏は「誰がどういう立ち位置になろうと、野党が結集して安倍1強に対抗するという方向性は変わらない。県連はそうした多くの仲間の核となる組織でなければならない」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加