【きょうの催し】

 長谷川きよし&パトリック・ヌジェ(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)

【巡回車】(27日)

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター(予約制)▽8時45分=唐津市保健センター(予約制)

 ◆子宮がん・乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽8時半=佐賀市・川副保健センター(予約制)▽13時=唐津市保健センター(予約制)

 ◆献血車 9~10時半=小城市・小城警察署

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【感染症】

 (16~22日)

 報告数の多い疾病は(1)感染性胃腸炎=155件(2)インフルエンザ=74件(3)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=32件(4)突発性発しん=21件(5)手足口病=17件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

【アバンセ情報】

 ◆「県民グループ派遣・招へい支援事業」実施団体募集

 県立男女共同参画センター(アバンセ)は、男女共同参画の推進団体による、国内外での調査・交流、研修・会議などへの参加を支援する。支援団体を募集している。

 対象は、企画から実施まで主体的にできる県内の団体。支援内容は、費用の一部助成のほか、報告書の印刷・発行、報告会開催、企画運営に関する情報提供や助言など。選考の上、国内と海外で各1企画を支援する。

 応募は所定の申込書で6月14日まで(必着)に提出する。問い合わせは、電話0952(26)0011。

【イベント】

 ◆生豆から焙煎「焙(い)りたてコーヒー教室」

 (28日10時半、吉野ヶ里町のみつせキッチン)生豆から焙煎し本格コーヒーの味を楽しむワークショップ。マイホーム焙煎インストラクターから教わり、イデマン(井手食品・同町)の塩麹で水切りしたヨーグルトを使ったケーキと味わう。エプロンと手拭きタオル持参。子連れ可で定員は10人。2000円。場所はみつせ鶏本舗本店裏。予約は電話0952(55)6705。

 ◆第22回石工の里ふれあいウォーキング

 (5月20日8時半、小城市牛津町寺町の永福寺集合)牛津町砥川地区の石像物をたどる散策イベント。永福寺を発着点に約8キロのコースで、江戸時代の石工集団が残した石仏や鳥居などを訪ね歩く。主催する「うしづ石工の里を未来に伝える会」の大橋隆司さんらが案内、16時解散予定。参加費500円。雨天時は石工の里に関するビデオを永福寺で上映する。大橋さん、電話090(9492)6629。

【告知板】

 ◆第40回嬉野市新緑の山野草・盆栽展

 (29~5月1日の9~16時半、嬉野市の嬉野公民館で)嬉野市山野草愛好会の会員18人による、黒松や雑木を使った盆栽や、ナルコユリ、カンアオイ、サギゴケなど山野草約120種類日は15時まで。山下さん、電話0954(43)2077。

【展覧会】

 ◆佐賀大美術館開館5周年記念企画展「“特美”の芽吹き-初代教員たちの逸品」

 (5月13日まで、佐賀市本庄町の佐賀大美術館)2013年の開館から5周年を迎える同館の記念企画。佐賀大特設美術科で教べんを取った石本秀雄、緒方敏雄、瀧一夫、豊田勝秋ら旧教員による油絵、日本画、磁器、彫塑など13点。教育から佐賀の美術・工芸を支えた特設美術科の逸品を紹介する。電話0952(28)8333。

 ◆特別展「肥前さが幕末維新の『技』-日本の産業革命は佐賀から始まった-」

 (5月13日まで、佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館)「肥前さが幕末維新博覧会」関連の特別展。ペリー来航を描いた原図や国重要文化財の鍋島直正直筆書状などの資料から、幕末佐賀藩による鉄製大砲鋳造や蒸気機関船製造の業績を紹介する。電話0952(41)7550。

このエントリーをはてなブックマークに追加