人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を心臓病の患者に移植する大阪大の計画について、厚生労働省の再生医療評価部会は25日、審査の結論を次回以降に持ち越すことを決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加