ライブパフォーマンスでさが総文のテーマを書き上げた佐賀清和高書道部

観客に囲まれて、佐賀清和高書道部のライブパフォーマンス。何が完成するのか?

イベントのラストを締めくくった佐賀東高演劇部

多くの観客が見守る中で演奏を披露した龍谷高吹奏楽部

吟詠と剣舞で魅了した致遠館高吟詠剣詩舞同好会

じっくり読ませる作品を展示した新聞部門

 佐賀市呉服元町の656広場で3月18日、さが総文のカウントダウンイベント「Let’s500(レッツゴー)! さが総文」が開かれた。本番まであと500日を記念したイベントで、各部門の高校生が文化部の祭典をPRした。

 ステージには龍谷高吹奏楽部、致遠館高吟詠剣詩舞同好会、佐賀清和高書道部、佐賀東高演劇部が登壇し、歓声を浴びた。美術・工芸部門、写真部門、新聞部門は展示で参加した。集まった大勢の観客は、華やかなステージ発表とレベルの高い作品展示にふれ、さが総文本番への期待を高めていた。

 盛り上がりを見せた500日イベントの様子を、写真で紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加