上峰町消防団女性部 寺崎聖香さん

 父が消防団で、火事の時に呼び出されて出て行く姿を見て、地域のために頑張れるのっていいなと思いました。町役場に入って消防団の女性部があると聞き、即入ろうと決めました。

 女性部は現在10人。全員20代の町職員です。男性と違って、定期的に集まって訓練や点検をすることがない分、後方支援と言うか、救護や住民への広報・啓発が活動の中心ですね。広報車で町内を回って「火の用心」をアナウンスしたり、消防士を招いて人工呼吸や心臓マッサージの講習なんかも受けています。

 春と秋に開かれる防火訓練では、消火器の取り扱い方や、けが人が出た時の応急処置の方法を紹介しました。大勢の町民に熱心に話を聞いてもらい、地域の防火に対する意識の高さを実感しました。消防団がこんなに頼りにされているんだと思うと、私たちもしっかりしないと。

 今、町教育委員会で生涯学習の担当をしています。防火や防災の心構えをしっかりと教育に結びつけられたらいいな、と思います。消防団でも女性の活躍の場がもっと広がるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加