アイスホッケー男子の世界選手権3部に相当するディビジョン1B組は23日、リトアニアのカウナスで行われ、日本はクロアチアに4―3で逆転勝ちし、開幕2連勝とした。日本は2―3で迎えた第3ピリオドに佐藤(アイスバックス)のゴールで追いつき、橋本(王子)が勝ち越し点を決めた。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加