福島由紀、広田彩花

 昨年、バドミントンの世界選手権女子ダブルスで銀メダルを獲得し、2020年東京五輪でのメダル獲得が期待される福島由紀、広田彩花組が、4月末で再春館製薬所を退社する意思を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。既に辞表を提出している。

 2人は岐阜トリッキーパンダースに入団するが、再春館製薬所は移籍を認めない方針。日本実業団連盟の取り決めで、前所属の移籍承諾が得られていない場合は、国内の団体戦に2年間出場できない。

 岐阜トリッキーパンダースには、再春館製薬所の今井彰宏元監督がスタッフとして在籍している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加