大分県中津市耶馬渓町の山崩れの現場=23日午前

 大分県は23日、同県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日深夜見つかった人体の一部とみられるものは、最後の安否不明者である江渕めぐみさん(52)の遺体と確認したと明らかにした。発生から12日後に、土砂に巻き込まれた6人全員の死亡が確認された。

 山崩れは11日未明に集落の裏山で発生。幅約200メートル、高さ約100メートルにわたって斜面が崩落し、巻き込まれた住宅4棟のうち3棟に住む男性1人、女性5人が不明となった。

 崩落した土砂の推定量は、民間測量会社の調査で6万立方メートル以上。現場には重機が投入され、自衛隊員らによる捜索は24時間態勢で行われた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加