河野外相(右から2人目)が参加したG7外相会合の討議=22日、カナダ・トロント(代表撮影・共同)

 【トロント共同】カナダ・トロントで22日開幕した先進7カ国(G7)外相会合は、初日の討議で北朝鮮の核武装を認めない方針で一致した。全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全廃棄を目標とし、最大限の圧力を維持して具体的行動を促すことも確認した。金正恩朝鮮労働党委員長による核実験場廃棄や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験中止の発表を「一歩前進」と歓迎しつつ「核放棄には何も言及していない」との見解を共有した。河野太郎外相が22日午後(日本時間23日午前)記者団に明らかにした。

 河野氏は、日本人拉致問題を解決する重要性を訴え、各国の賛同を得た。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加