1回戦・伊万里-東筑紫学園(福岡) 3回表伊万里無死満塁、5番末吉竜也が中前適時打を放ち、4-0とする=福岡県の久留米市野球場

 伊万里は序盤に大量得点を奪い、東筑紫学園に快勝した。

 初回に1点を先制した伊万里は三回、相手守備の乱れに乗じて無死満塁とし、4番梶山の押し出し四球や末吉、川尻の連打で4点を加えた。さらに1死満塁から1番犬塚が走者一掃の左中間二塁打を放ち、この回一挙8点を奪った。

 守りでは山口修らが粘投。要所を抑え、3失点でしのいだ。

 

序盤一気に

 チーム一丸で序盤の好機を見事に生かした。昨秋に続き、九州大会に挑んだ伊万里は三回、相手投手の乱調や守備の乱れにも乗じ、長打2本を含む4安打を集めて一挙8得点。大会初勝利を飾った。吉原彰宏監督は「一つ勝てたことは大きい。夏につながる」と満足げに語った。

 大量得点の口火を切ったのは、選抜大会・大阪桐蔭戦でも適時打を放った末吉竜也だ。三回、無死満塁の好機でインコースに甘めに入った直球をセンター方向に鋭くはじき返すと、値千金の2点適時打になった。

 初回1死一、三塁の場面では思うようなスイングができず、投ゴロで併殺だった。それだけに、「タイミングを意識した。狙い通り」と末吉。チームは勢いに乗り、犬塚晃海の左中間二塁打なども飛び出し、序盤でがっちり主導権を握った。

 春の甲子園で大阪桐蔭と対戦し、必死に粘って終盤2点を返したことは選手たちの自信になっている。

 準々決勝の相手は昨夏の全国選手権大会で8強入りした明豊(大分)。末吉は「次も自分がチャンスをものにする」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加