呈茶席で抹茶のサービスを楽しむ来場者ら=白石町の歌垣公園

 約7万本のツツジが咲き誇る白石町の歌垣公園で22日、「しろいし歌垣春まつり」が開かれた。町内外から多くの来場者が訪れ、春の訪れを楽しんだ。

 開会式では、白石町の田島健一町長が「イベントを楽しむとともに、白石の文化や自然を満喫してほしい」とあいさつ。ステージでは嬉野市の不知火太鼓による太鼓の演奏や、肥前夢街道の忍者ショーが披露された。

 公園内には出店や白石町の特産物を販売するコーナーが設けられたほか、乗馬の体験コーナーや、抹茶のサービスをする「呈茶席」などもあり、親子連れなどが楽しんでいた様子だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加