全日本柔道連盟の強化委員会で、女子52キロ級の17歳阿部詩(兵庫・夙川学院高)が初の世界選手権代表入りを決め、男子66キロ級の阿部一二三(日体大)と史上初のきょうだい代表が実現した。

このエントリーをはてなブックマークに追加