平昌冬季五輪フィギュアスケート男子での66年ぶりとなる2連覇達成を祝い行われたパレードで、沿道に集まった大勢の人たちに手を振る羽生結弦選手=22日午後、仙台市

 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成し、地元仙台市でパレードする羽生結弦選手=22日午後

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦選手(23)のパレードが22日、地元の仙台市で行われ、沿道を埋め尽くした市民や全国から訪れたファンら10万8千人(主催者発表)が「勇気と希望をありがとう」と祝福した。羽生選手は「連覇をして仙台に『ただいま』と言えて本当にうれしい」と語った。

 市中心部の大通り約1・1キロを約40分かけて進行。羽生選手はパレードカーの上から笑顔で手を振り続け、両腕を広げる演技の決めポーズや、金メダルを掲げてみせて大歓声に応えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加