21日午後8時50分ごろ、鳥栖市原古賀町のJR長崎線日の隈踏切で、男性が長崎発博多行き特急列車と接触し、死亡した。乗客約150人にけがはなかった。鳥栖署は、男性の身元や原因を調べている。

 同署によると現場は新鳥栖駅から西へ約600メートル。運転手は「人影が見えてブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。

 JR九州によると、約1時間後に運転を再開したが、上下2本が運休、特急を含む13本で最大1時間5分の遅れが出るなど、約4千人に影響が出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加