再来日したサッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏=21日、羽田空港

 再来日したサッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏=21日、羽田空港

 サッカー日本代表の監督を成績不振などの理由で解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が21日、羽田空港に再来日し、記者の問いかけに涙を浮かべて「私を追いやって、ごみ箱に捨てたようなものだ」と日本サッカー協会に対する心情を吐露した。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を約2カ月後に控えた7日、パリで日本協会の田嶋幸三会長から解任を告げられて以降、初めて日本で口を開いた。「いつも日本に来ることは喜びだったが、今回の状況は特別なもの」と悲しげに切り出し、涙をサングラスで隠しながら「何が起きているのか、まだ理解ができていない。真実を探しに来た」と言葉をつなげた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加