DeNAが開発したタクシーの配車アプリ=19日、横浜市

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は19日、神奈川県タクシー協会と共同で、タクシーの配車アプリを開発したと発表した。横浜市と川崎市で同日からサービスを始めた。今夏には神奈川県内全域に広げる。他の地域での展開も視野に入れる。人工知能(AI)を活用した乗客の需要予測システムも年内に導入する。

 アプリの名称は「タクベル」。乗客はスマートフォンを使い、乗車位置を地図上で指定して近くのタクシーを呼ぶ。迎車の目安時間が表示され、実際にどこを走行しているかも分かる。

 タクシー運転手には、走行データと天気や電車の運行状況などの情報を組み合わせ、効率よく乗客を見つけるための走行ルートを提案する。

 DeNAの中島宏執行役員は横浜市内で記者会見し「既存のタクシーは売り上げを伸ばすポテンシャルを秘めている。AIを使って改善できる」と強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加