「大切にしたいコンサート」と話す吉武大地さん(右)と宮原健一郎さん=佐賀新聞社

 メゾソプラノ歌手、吉武まつ子さん(さいたま市)とバリトン歌手・俳優の大地さん(同)親子による「ハートフルコンサート2018」が28日午後1時と同5時から、佐賀市の浪漫座で開かれる。今回はみやき町出身のテノール歌手宮原健一郎さんを加え、クラシックやミュージカルナンバーなど幅広いジャンルを歌い上げる。

 ミュージカル曲「美女と野獣」、歌謡曲「君は薔薇(ばら)より美しい」「川の流れのように」や英国民謡「グリーンスリーブス」など多彩なプログラム。佐賀にも滞在した青木繁の画家人生を歌に重ねるコーナーもあり、叙情あふれるカンツォーネ「カルーソ」なども披露する。

 まつ子さんは東京芸大声楽科卒。クラシック、ミュージカルなど多彩な舞台で活躍する。大地さんも同大で学び、ミラノに留学。帰国後はミュージカル、オペラなど精力的に活動し、洋画家の父研司さんが佐賀市出身であることから、同市プロモーション大使も務めている。

 今回で7回目となる。みやき町のプロモーション大使を務める宮原さんも同大出身で、2013年の卒業後初のステージがこのコンサートだった。宮原さんは「プロとしての第一歩だった。大切にしたいコンサート」と力を込める。

 大地さんは「子どもの頃から里帰りしているが、新緑のクスノキが映え、今が一番好きな時期」と言い、「つながりを大切に歌で思いを伝えたい」と話している。

 ▽昼、夜の部ともに全席自由4000円(当日500円増し)、別途ドリンク券(500円)が必要。問い合わせは浪漫座、電話0952(24)4883。

このエントリーをはてなブックマークに追加