日米財務相会談後に記者会見する麻生財務相(左)と日銀の黒田総裁=20日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が20日(日本時間21日未明)、閉幕した。保護主義的な貿易措置を繰り出す米国と他国の意見対立が解けず、議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は記者会見で「全会一致には程遠かった」と総括した。麻生太郎財務相はムニューシン米財務長官と会談して米通商政策への懸念を直接伝え、強硬姿勢をけん制した。

 G20では、保護主義の拡大や米中貿易摩擦は世界経済の懸念材料だとの声が続出した。従来合意に沿って関係国は対話を続けるが、融和は見通しにくく、結束の難しさが鮮明になった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加