定年退職者や継続雇用を終えた「団塊の世代」などが持つ豊富な知恵を中小企業の経営に活用してもらおうと、各地の信用金庫が仲介役となって人材をマッチングする「交流会」を開催する動きが全国に広がっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加