旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が繰り返されていた問題で、北海道の医師らが1960年代、ためらう保護者を繰り返し説得し、手術を推進していたことが20日、道の開示資料で分かった。本人を説得していたケースもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加