セクハラ疑惑を調査する合同ヒアリングで、「#MeToo」と書かれたプラカードを掲げる社民党の福島副党首(中央)ら野党議員=20日午前、国会

 訪米中の麻生太郎財務相は19日(日本時間20日午前)、福田淳一財務事務次官のセクハラ問題を巡って、自身の進退に関して「考えていない」と記者団に述べた。野党は20日の合同ヒアリングで福田氏を辞任前に懲戒処分するよう求めた。

 麻生氏は、福田氏に関し「仕事ぶりは遜色ない」と述べ、セクハラ疑惑で「本人が全否定されるものではない」と強調した。女性社員に被害があったとするテレビ朝日の抗議については「しっかり受け止めないといけない。まず話をきちんと聞く必要がある」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加