野党が欠席のまま開かれた衆院厚労委=20日午前

 立憲民主、希望など野党は20日、与党が財務事務次官のセクハラ疑惑や加計学園問題を巡り麻生太郎副総理兼財務相の辞任要求や柳瀬唯夫元首相秘書官らの証人喚問に応じなかったことに反発し、衆院内閣、厚生労働両委員会を欠席した。衆院環境委員会も流会となり、参院法務委員会の理事懇談会も取りやめになるなど国会審議は不正常な状態となった。自民党は衆参両院で23日に予定していた予算委集中審議の開催見送りを決定。与野党攻防が激化した。

 内閣、厚生労働両委員会は自民、公明両党と日本維新の会が出席。主要野党欠席のまま、質疑を行った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加