自然や動物の絵が並ぶ会場=佐賀市大和町のギャラリーシルクロ

 佐賀市大和町を中心に活動する絵画グループ「菜の花会」が、同市松原のギャラリーシルクロで展覧会を開いている。これまでは公民館などで行っていたが、結成10周年を迎え、初めてギャラリーで展示する。メンバー8人による風景、動物、抽象などの絵画約60点が並ぶ。22日まで。

 メンバーの一人、三好道子さん(75)の「時の移ろい」は、大きな樹木が炎を宿し、生命の輪廻(りんね)を表現。手を加えて1年後に公募展に出す予定だという。

 佐賀の魅力をアピールしようと全メンバーがそれぞれの感性でムツゴロウを描いた。三好さんは「その人その人で描き方が全く違い、絵に8人の人生観が表れている。10年間に描いた作品を楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開館時間は午前10時~午後6時。問い合わせは三好道子さん、電話090(6429)3674。 

このエントリーをはてなブックマークに追加