東京・霞が関の財務省=19日午後

 テレビ朝日は19日、女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラを受けたとして、財務省に正式に抗議文を提出した。「優越的な立場に乗じたセクハラ行為は到底看過できない」と強調。財務省として徹底的に調査し、早急に結果を公表するよう求めた。

 財務省は、野党が開いた合同ヒアリングで、女性社員のセクハラ被害を公表したテレ朝から事情を聴く意向を示した。テレ朝の見解を「重く受け止めたい」としたが、テレ朝側は聞き取りに応じるかどうかを明らかにしていない。

 抗議文は「正常な取材活動による国民への的確な情報提供を目的とする報道機関全体にとっても由々しきことだ」と指摘している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加