「キングダム」実写映画化への原さんの直筆コメント (C)原泰久/集英社

「キングダム」50巻発売と実写映画化を記念して原さんが寄せたイラスト (C)原泰久/集英社

キングダム50巻

 基山町出身の漫画家・原泰久さんの人気漫画「キングダム」の50巻発売を記念し、実写映画化が決まった。同漫画は週刊ヤングジャンプに連載中で、2018年で連載12年目を迎えた。

 1年間、脚本会議にも参加したという原さんは、「意見を尊重していただき感謝しております。納得の脚本です!! 絶対面白いです!!」とコメントを寄せた。公開時期やキャスト情報などの詳細は後日、段階的に発表される。

「キングダム」50巻佐賀は21日発売

 基山町出身の漫画家・原泰久さんの人気漫画「キングダム」の最新刊となる50巻が19日に発売される。佐賀では21日に発売。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年の姿を、秦の始皇帝の歩みに重ねて描く物語。週刊ヤングジャンプ(集英社)に連載中で、単行本の累計発行部数は3500万部を超えている。

 【50巻のあらすじ】

 秦趙大戦!朱海平原二日目! 若き将達の底力が試される…! 

 趙軍総大将・李牧と相対する王翦軍。二日目、右翼では玉鳳隊が趙峩龍軍の奇襲に遭う。王賁の脳裏によぎるは、盟友・蒙恬の言葉-。また王翦に呼び出された信は、右翼合流を命じられ…!? 続々と役者がそろう荒野の戦場で、亡国を賭けた一戦はさらに過熱する!

このエントリーをはてなブックマークに追加