自民党の橋本聖子参院議員会長は17日の党役員連絡会で、財務事務次官のセクハラ疑惑を巡り財務省が報道各社の女性記者に調査協力を要請した対応について「国民の感覚とずれている。襟を正してほしい」と批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加