2022年サッカー・ワールドカップの大会会場となるスタジアム(奥右側)=2017年7月、ドーハ

 【ジュネーブAP=共同】国際サッカー連盟(FIFA)が検討を始めた2022年ワールドカップ(W杯)の拡大案を、欧州各国リーグが反対する意向であることが16日、明らかになった。32のリーグが加盟する「欧州リーググループ」のオルソン最高経営責任者(CEO)が「22年W杯の拡大に合わせてリーグの日程を変えることはできない」と述べた。

 22年カタール大会の参加チーム数が32から48に増えれば、既に決まっている28日間の大会期間を少なくとも4日延ばす必要がある。同CEOは「選手には休養する時間が必要だ」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加