目録を手渡す伊藤園の吉田秀樹取締役中四国・九州地域営業本部長(左)と副島良彦副知事=県庁

 飲料メーカーの伊藤園(東京都)は16日、主力ブランド「お~いお茶」の売り上げの一部から30万円を佐賀県に寄付した。寄付金は唐津市の虹の松原や有明海の環境保全活動に活用される。

 県庁で開かれた贈呈式で、同社取締役中四国・九州地域営業本部長の吉田秀樹さんが副島良彦副知事に目録を手渡した。吉田本部長は「私たちの事業は水や自然と密接に関わっている。環境保全活動に務めるとともに、佐賀県のお役に立ちたい」と話した。

 同社は昨年、同ブランドの茶葉などを生産する茶園を太良町に造成しており、吉田本部長は「佐賀の方に身近なブランドになればうれしい」と期待を込めた。

 副島副知事は「有明海には漂着物が多く、寄付金をはじめ保全活動に大変感謝している。佐賀は茶づくりのノウハウがある。茶園事業のお手伝いができれば」と話した。

 県内での「お~いお茶『お茶で日本を美しく。』キャンペーン」は今年で6回目を迎え、同社はこれまで合計186万円を県に寄付した。昨年11月には同社社員がシチメンソウ群生地周辺の清掃活動にも取り組んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加