国立公文書館が開示した名簿

 戦時中に中国で人体実験を繰り返したとされる旧日本軍の「731部隊」の隊員ら3607人の実名が記された名簿が国立公文書館から開示されたと、滋賀医科大の西山勝夫名誉教授が15日までに記者会見して明らかにした。

 西山氏は「隊員ほぼ全員の実名が明らかになるのは初めて。研究に役立ててもらうため、今後ホームページで公開する」としている。

 開示されたのは、731部隊を中心とする「関東軍防疫給水部」の「留守名簿」。1945年1月1日付で作成され、軍医52人、技師49人、看護婦38人、衛生兵1117人などの実名や階級、連絡先が記載されているという。

 2015年から開示請求し、当初はほぼ黒塗りだったが、交渉の末に今年1月、連絡先の一部などを除いた名簿のほぼ全容が開示された。

 西山氏らのグループは、部隊の軍医将校の学位論文について「人体実験を基にした可能性がある」として、京都大に学位授与の妥当性を検証するよう求める署名活動をしており、近く大学に申し入れる。

このエントリーをはてなブックマークに追加