初当選が決まり、支持者の祝福を受ける深浦弘信氏=午後10時45分ごろ、伊万里市二里町の事務所

 任期満了に伴う伊万里市長選は15日、投開票され、新人で元市産業部長の深浦弘信氏(62)=立花町=が1万3691票を獲得し、現職の塚部芳和氏(68)=4期・立花町=に1623票の差を付け、初当選を果たした。投票率は60・16%で、選挙戦となった前々回(2010年)と比べ8・53ポイント下回り過去最低となった。これまでの最低は1966年の65・48%だった。

 深浦氏は「ありがとう」、ありがとう」と繰り返しながら支援者と喜び合い、「これまでの気持ちを忘れずに、子どもたち、お年寄り、伊万里の皆さんのために尽くしたい」と抱負を述べた。

 「伊万里に新しい風を」をスローガンに市政刷新を求める人々を結集し、既存の組織に頼らない草の根選挙を展開した。子育て支援の充実や教育予算の拡充、中心市街地のにぎわい再生などを訴え、幅広い層から支持を得た。任期は27日から4年間。

 塚部氏は4期16年の実績と人脈をアピールし、後援会組織を中心に運動を展開したが、多選批判をかわせず、5選を阻まれた。もう一人の新人、学習塾経営の井関新氏(62)=松島町=は、大学誘致など未来を見据えたまちづくりを主張したが、票は伸びなかった。

 当日有権者数は4万4806人(男2万1136人、女2万3670人)

 

伊万里市長選得票

当13,691深浦 弘信62無新

 12,068塚部 芳和68無現

   941井関  新62無新

(無効 254)

 

深浦(ふかうら) 弘信(ひろのぶ)(62)無 新(1) 

(市情報推進課長、市水道部長、市産業部長、市民センター長)九州大卒、立花町

このエントリーをはてなブックマークに追加