多くのランナーや声援を送る観客が集った「吉野ケ里ロードレースin神埼市」=1月、吉野ケ里歴史公園

冬のイベントとして多くの来場者が訪れた「吉野ヶ里 光の響」=昨年12月、吉野ケ里歴史公園

 吉野ケ里歴史公園(神埼市郡)の2017年度の来園者数は73万5770人で、初めて70万人を超えた15年度(73万1451人)を4319人上回った。5月の大型連休が天候に恵まれたことなどが要因で2年ぶりに増加。01年度の開園以来、年間最多来園者数となった。

 

 同公園によると、9日間の大型連休中が好天だったことで、5月は昨年より約3万5千人増加し14万7628人。「夢ロマン軽トラ市」やスポーツイベントなどが盛況だったこと、16年度から始まった子育て家庭を無料で招待する「子育てし大“券”」の浸透が深まったことを要因としている。

 開園初年度は68万1041人。その後は、40万人台に来園者数が低迷する時期もあったが徐々に集客を盛り返し、12年度に69万2218人に達した。16年6月には開園からの総来園者が1000万人を突破した。

 公園管理センターの國分慎一管理センター長は「イベントなどが定着してきている。本年度も70万人前後を見込んでいる。夏や冬の閑散期に少しでも来園者が増えてくれれば」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加