佐賀県内は14日、伊万里市で21・8メートルの最大瞬間風速を記録するなど、強風により交通に影響が出た。

 佐賀空港では、ティーウェイ航空のソウル発佐賀行き295便が、佐賀空港付近の悪天候のため、いったん福岡空港に着陸した後、予定より1時間49分遅れて到着した。折り返し便も1時間半の遅れで、合わせて350人に影響があった。

 また、JR筑肥線は午前9時ごろから約4時間にわたり運転見合わせや徐行運転を行い、上下線で20本が運休し、20本が最大2時間35分遅れた。佐世保線では午後3時50分ごろ、有田-三河内間の架線にビニールシートが付着しているのを運転士が見つけ、安全確認と撤去作業のため、上下線4本が最大42分遅れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加