■貿易拠点へ港の礎築く 唐津市の佐志川河口の右岸に小高い丘陵がある。ここに戦前、銅像が建っていた。唐津の近代化事業をいくつも手がけた唐津銀行初代頭取の大島小太郎。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加