任期満了に伴う鹿島市長選は15日、告示される。3選を目指す現職の樋口久俊氏(72)=音成=と、新人で市議の中村一尭氏(33)=納富分=が立候補を表明しており、選挙戦になる見通し。投開票は22日。

 人口減少対策や地場産業の振興にどう取り組むかが問われる。樋口氏は高速道路網の整備や新たな工業団地造成を公約に掲げ、地域資源を生かした「鹿島創生の加速」を主張する。中村氏は、高齢者へのタクシーチケット配布や高校生までの医療費助成を打ち出し「若者がほれ込むまち」を目指す。

 立候補の届け出は15日午前8時半から午後5時まで、市役所5階で受け付ける。期日前投票は16~21日の午前8時半から午後8時まで、鹿島市民会館で実施する。選挙人名簿登録者数は2万4737人(男1万1452人、女1万3285人)=3月1日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加