磐田戦に向けた練習で、シュートを放つMF安庸佑(中央)=12日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第8節の15日午後3時から、静岡県磐田市のヤマハスタジアムでジュビロ磐田と対戦する。ここ4試合続けて前半に失点しており、堅守を取り戻し、何としても連敗を止めたい。

 鳥栖は通算成績2勝2分け3敗(勝ち点8、得失点差マイナス1)の9位。前節・柏戦は前半に2点を失い、FW小野の今季初ゴールで後半1点を返したものの、今季初の連敗を喫した。小野は「チャンスの時間帯にしっかり追いつかなければならなかった」と振り返る。

 磐田は2勝2分け3敗(勝ち点8、得失点差マイナス3)の15位。前節は敵地でG大阪と戦い、後半に猛攻を見せたが得点できず、0-2で敗れた。ここ2試合は無得点だが、2得点を挙げているFW川又や積極的に攻撃参加する新加入のDFギレルメには注意が必要だ。

 鳥栖の総失点11はリーグで4番目に多く、持ち味の堅守を十分に発揮できない試合が続いている。MF福田は「前半はシンプルにゼロで抑え、後半勝負に持ち込みたい」と抱負。MF原川も「連戦が続くので、どこかでいまの流れを断ち切らないといけない」と無失点に意欲を見せる。

このエントリーをはてなブックマークに追加